保育分野コラム

保育士の資格取得後のキャリアプランとは?

キャリアプランとは、簡単に言えば人生の中でどういった職業を経てどういった経験を積んでいくかの計画です。
基本的に転職や独立も含め、保育士の資格を取得したあとにどのような働き方を目指していくかの道筋となります。
似た言葉にキャリアパスやキャリアアップが存在しますが、こちらは同じ職種内でどのように活躍して、昇進を目指していくかとなります。
このページでは保育士の資格を取得したあと、どのようなキャリアパス、キャリアアップ、キャリアプランが候補となるかをご紹介いたします。

保育園でのキャリアパス

一般企業での昇進と言えば主任や課長や部長など、よく聞く役職名があるかと思います。
それに対して保育園での役職と言えば、園長、主任、リーダー、担任といったものが一般的です。
保育園によってそれぞれの名称や役割は異なってきますし、副園長や副主任といった役割も場合によってはありますが、基本的にキャリアパスとしては変わりません。
昇進の判断材料として、主任までは長年の勤務継続と信頼のおけるスキルの有無を問われる傾向にあります。
公立の保育園では勤続年数の多い方も多く、担任まで5年程度、リーダーが15年程度、主任については1人や2人程度のため25年ほどの年数が必要なこともあります
一方園長は公立保育園の場合、昇格試験が存在します。園長が不在時に試験に合格することで園長になることが可能です。
私立の保育園の場合は特別な試験等がないため、その他の役職と同様、継続による実績と信頼の蓄積が重要となります。

保育士としてキャリアアップ

ここでいうキャリアアップとは、保育士が仕事の幅が広がる関連資格を取得することを指しています。
まずは東京福祉保育専門学校でも取得可能としている「レクリエーションインストラクター」です。
レクリエーションインストラクターとは、歌やゲーム等の集団で楽しめる活動を通して、コミュニケーションを促進させたり、協調性や運動能力を高める環境を提供する専門家のことです。
保育士の活動と重なる点が多く、より適切な遊びを提案できるようになるため、保育の現場でも非常に重宝されます。
また仕事以外でもコミュニケーションが必要な場はたくさんあり、応用範囲の広い知識が身につくため、保育士を目指す方の多くが取得しています。 他にはチャイルドマインダーの資格があります。 チャイルドマインダーは少数の子どもの世話をするのが主な仕事で、自宅等で2~3人の子どもを預かり面倒をみるといった働き方も出来る民間資格となります。
大人数をみることの多い保育士ですが、場面によっては少人数になることも当然あるため、少人数に特化した子どもへの接し方を身につけておくことで子どもや保護者の方からの信頼も得やすく、業務に直結する技能を身につけることが可能です。

その他にも民間資格で運動保育士や絵本専門士といった、絵本や運動での教育に高い専門性を持つことが出来る資格も存在しており、それらを総合的に活用する必要のある保育士には有用です。

また忘れてはいけないのが幼稚園教諭二種ですね。
東京福祉保育専門学校でも2年間で保育士と同時取得が可能となっていますが、これは昨今増えている「認定こども園」という施設を視野に入れているためです。
認定こども園は保育園と幼稚園の良いところを組み合わせたような施設のため、ここで働くには保育士と幼稚園教諭どちらの資格も必要となります。
元々保育と教育の面で子どもに接することが出来るようになるため、就職活動で評価されていましたが、認定こども園の増加により両方の資格取得のメリットがさらに高まったと言えます。

保育士のキャリアプラン

保育士としてのキャリアを生かして次のステップへ進むには、どういった資格が役に立つでしょうか。

まず第一候補としては社会福祉士です。別名ソーシャルワーカーと呼ばれる、国家資格が必要な仕事です。
社会福祉士は主として相談援助業務を行い、社会的支援を必要としている人やその家族の相談にのり、どのような支援や福祉サービスが適しているかを提案し、実現のための手助けをする仕事です。
保護者の方々のコミュニケーションやアドバイスをする際に役立つ他に、国家資格のため転職時に有利になります。
他には精神保健福祉士や、臨床心理士といった資格が挙げられます。
精神保健福祉士も国家資格で、臨床心理士は民間資格です。どちらも精神に障害のある方や心に問題のある方に向けて社会復帰や日常生活を支障なく送れるようになるまでサポートするのが仕事です。
業務内容は似ていますが、精神保健福祉士は明確に日常生活が過ごせるレベルまで快復させると定義づけられている点で、より専門性が高くなっています。
保育士の経験と関連させることで小中学校でのスクールカウンセラーとしての活躍が見込めるほか、ストレス問題の多い育児環境改善という観点でも子どもや保護者の方へのサポートもより高度な領域で対応可能となります。

お電話でのお問い合わせはこちらから

03-3987-5611

[受付]平日 9:00~18:00

〒170-8434 東京都豊島区東池袋4-23-4

オープンキャンパス・資料請求はこちらから

オープンキャンパス

資料請求

SNSも更新中♪

  • オープンキャンパス
  • 資料請求
  • スマホdeオープンキャンパス
  • オープンキャンパス
  • 資料請求
  • スマホdeオープンキャンパス