保育分野コラム

保育士専門学校の概要

保育士専門学校は、進学・卒業することで保育士になるために必要な国家資格を取得することができます。
資格取得は他にも大学や短大、また進学せずに国家試験に合格するという手段がありますが、最短で保育士として働き始める場合には専門学校進学が主な進路です。

保育士専門学校の特徴・利点としては、保育士に特化した内容を集中して学べる点が挙げられます。
また実習の時間も豊富に確保されており、現場に出て即戦力で働ける知識と技能を身につけることが可能です。
一方で大学等と比較すると汎用性のある学問についての学びが不足するため、保育の現場に関わらない進路を選びづらくなります。

昨今では保育士の他に幼稚園教諭の資格を持っている方が就職に有利な場面が増えてきているため、東京福祉保育専門学校のこども学科でも、2年間で保育士×幼稚園教諭2種に加えて短大卒の資格を取得することが可能になっています。

専門学校在学中に身につけるべきこと

保育士になるために専門学校に通うため、在学中にいかに保育士の現場から求められる能力を身につけられるかがとても重要になってきます。
専門学校を選ぶポイントとしても、そうした内容がカリキュラムに組み込まれているか、学べる環境があるかは重要です。
その上で何より重要なのは、なるべく実習の時間を多く確保できる、実際の現場に近い環境が用意されている専門学校かどうかです。

保育の現場での主な仕事は、子どもたちの生活の世話をしながら心身の発達に携わることです。
それは食事や排せつといった基本的生活習慣を始め、子ども同士でのやり取りで学べる社会性やコミュニケーション能力においても同様です。
そのため子どもが好きであることや子どもが怖がらない明るい雰囲気というのももちろん大事ですが、どういった遊びや活動を行えば効果的な教育に繋がるかを考えられる必要があります。
保育士はただ子どもの面倒を見るだけの仕事ではありません。保護及び教育者として、健やかな成育を施すための知識と技術をいち早く身につけていくことが重要なのです。

つまり座学に集中して知識ばかり堪能になっても、実際現場に出ても活躍できるとは言えません。
実際の保育を元にした実習で技術を養い、就職後も常に学び続ける姿勢を学生のうちに身につけておくことが大切です。

また保育の現場は体力勝負の側面もあります。
在学中は勉強で忙しいかと思いますが、実際の卒業生の方の中にはなるべくアルバイトは身体を動かすものにする、といった工夫をしている方も多いようです。

専門学校の注目するポイント

前述の通り保育の現場では経験が重要となるため、保育士専門学校を選ぶ際に着目するポイントとしては実習が豊富か、また教育に繋がる遊びのレパートリーを増やせる環境があるかどうかが大切です。
東京福祉保育専門学校では保育現場で多用されるピアノのレッスンも、初心者の方向けに開放や補講を行うことで習得のサポートをしています。
また校内には実際の保育園や幼稚園をモチーフにしたプレイルームがあり、より実践的な授業に役立てています。
都内で唯一「認定ベビーシッター」の資格が取得でき、乳幼児の保育で役立てるほか、出産や育児の際にでも在宅で仕事が出来るようになるのも特徴です。

その他は保育以外の分野でも同様ですが、交通アクセス、学費、就職実績、学校の雰囲気に着目しましょう。
特に修行年限についてですが、保育分野ではいち早く現場に出るために2年制が理想的なものの、保育系の専門学校では複数の資格を取得するために3年制であることも多いです。
しかし東京福祉保育専門学校では東京福祉大学短期大学部の通信教育課程を同時に履修することで、2年間で卒業時に保育士・幼稚園教諭2種、短大卒の資格を得ることができます。(希望者のみ)

アクセス面は各線の通っている池袋駅より徒歩10分以内のため、都内を始めとする周辺地域から非常に通いやすくなっています。
ぜひ学校の雰囲気を実際に感じるためにも、一度オープンキャンパスへお越しください。

お電話でのお問い合わせはこちらから

03-3987-5611

[受付]平日 9:00~18:00

〒170-8434 東京都豊島区東池袋4-23-4

オープンキャンパス・資料請求はこちらから

オープンキャンパス

資料請求

SNSも更新中♪

  • オープンキャンパス
  • 資料請求
  • スマホdeオープンキャンパス
  • オープンキャンパス
  • 資料請求
  • スマホdeオープンキャンパス