介護分野コラム

介護福祉士の専門学校を選ぶポイント

専門学校を選ぶポイントとしては立地やカリキュラム、学費や雰囲気といった様々な要素があります。
介護福祉士を目指す専門学校でも同様で、基本的にはこれらの要素を比較して学校を選ぶこととなりますが、逆に介護福祉士を目指す学校ならではの選ぶポイントというものも存在します
同じ介護福祉士を目指す学校の中でも、どういった点に着目すべきなのでしょうか。

修行年数や取得資格の違い

介護福祉士の専門学校は指定の課程を修める必要があるため、基本的には2年制となっています。
一方で3年制の専門学校もあり、そうした学校では2年制よりもじっくり介護福祉士の資格取得を目指せるほか、追加で保育士や社会福祉士といった資格にもチャレンジできる場合もあります。
ただし、学費については当然2年制より1年分多くかかることになります。また複数の資格対策に多くの時間を要することから、結果的に2年制よりも忙しくなる可能性もあります。

介護福祉士の資格はこれまで専門学校卒業と同時に資格が取得出来ていましたが、2022年度以降の卒業生は国家試験の受験が義務化される見通しとなっています。
そうした背景からも介護福祉士の資格取得のみに集中できて、学費に関する心配も少なく、就職まで早い2年制カリキュラムの方が、より確実に目標を実現できるという考え方もあります。

東京福祉保育専門学校は2年制の課程を終えたあと、希望すればグループ校の東京福祉大学に編入することも可能です。
編入後はプラス2年間で社会福祉士の受験資格と大学卒業の資格を取得できます。
よって、進路選択時に専門学校と大学のどちらに進学すべきか迷った場合でも、専門学校で学びながら大学進学についてゆっくり考えることができます。

実践的な取り組みがどれだけ行えるか。

介護福祉士は仕事柄、現場での経験が非常に重要で、実務を通して学ぶことがたくさんあります。
そのため在学中からどれだけ本番に近い環境で学べるかが重要になります。
「即戦力となる人材育成」を掲げる専門学校は多いですが、どうやって即戦力となる力が身につくのか、その内容についてはしっかり調べておきましょう。
東京福祉保育専門学校では、専門性の高い介護技術の他に医療的視点からのケア方法の習得できるカリキュラムを充実させています。
また、地域の高齢者施設と連携することで実際の現場で経験を積むことができ、座学の内容についても実践を意識したものにする等、より実践的な教育内容を提供することで即戦力となる人材育成の実現を目指しています。

就職先・求人数

知識と技術を身につけたところで、それを活かせる場所を見つけることが出来ないとせっかくの努力が無駄になってしまいます。
そのため就職実績や求人件数が一人当たりに何件ほどあるのかは確認しておくべきでしょう。
東京福祉保育専門学校に寄せられる求人情報は1,712件にのぼり、一人一人の希望に合わせた就職先をマッチングできるよう就職支援担当者がいます。
求人数の多さは就職先が選べる点以外にも、学校のカリキュラムが優れていることの裏付けにもなります。
何故なら、卒業生がしっかり活躍しているからこそ、信頼して次の年も求人をいただけることに繋がっているからです。
求人数・就職先の多さはそのまま学校の力として捉えて問題ないと言えるでしょう。

校内イベントの数

専門学校では毎年、介護福祉士に関する様々なことを学びますが、学校生活はもちろんそれだけではありません。
東京福祉保育専門学校では学校行事としてのイベントを数多く用意しており、同じ分野を志す仲間たちと仲良くなるチャンスがたくさんあります。
入学式が終わると、最初のイベントとして春期ピクニックが開催されます。ここでは学科を超えて、みんなでレクリエーションゲームや野外調理を楽しみます。
また、夏に行われるスポーツデイでは、レクリエーションインストラクター資格取得に必要な内容を織り交ぜつつ、様々なアクティビティにチャレンジします。
秋にはサンシャインフェスティバルという学生主体のビッグイベント(文化祭)が待っています。
冬は就活の心得等を学ぶセミナーを行うなど、一年を通して豊富なイベントが行われるのが魅力です。

まずはオープンキャンパスへ

学校選びのポイントで何より重要なことは、やはり実際に足を運んでみることです。
学費や取得可能な資格、就職実績などは学校ホームページ等からでも調べることが出来ますが、実際に行ってみないと分からないことはかなりたくさんあります。
例えば授業中の雰囲気や先生と生徒の関係性、休憩中の学生の様子や学校周辺環境の利便性などです。
情報として調べることは出来ても、やはり実際に目で見て耳で聞き、感じることで新たに発見できることは非常に多いです。
駅から近いと思っていたけど、実際に歩いてみたら坂が多くて疲れる、学校の周りに買い物できるところがなくて不便、ということもあります。
在学生の授業中の態度が悪く、授業の雰囲気が悪いために学びづらそうであったり、先生が高圧的で質疑応答しづらく一方的な講義になっている、という可能性も十分にあるでしょう。
そうしたパンフレットや学校ホームページで分からないことが、体験授業や学校見学では感じることができます。
10校も20校も見て回る必要はありませんが、2~3校はオープンキャンパスへ実際に足を運んでみて、学校選びをしましょう。
なお東京福祉保育専門学校ではどうしても都合がつかない方向けに、スマホでオープンキャンパスというサービスを行っています。 ご興味がある方はぜひご活用ください。

お電話でのお問い合わせはこちらから

03-3987-5611

[受付]平日 9:00~18:00

〒170-8434 東京都豊島区東池袋4-23-4

オープンキャンパス・資料請求はこちらから

オープンキャンパス

資料請求

SNSも更新中♪

  • オープンキャンパス
  • 資料請求
  • スマホdeオープンキャンパス
  • オープンキャンパス
  • 資料請求
  • スマホdeオープンキャンパス